釣糸用空スプール(六角穴)

釣糸用空スプール(六角穴)

  • Digital
    500 JPY

【内容】 3Dプリント用のSTLファイルです。 STLファイル2個と、解説に使用した画像をZIPにしてあります。 ●スプール本体ファイル:LineSpool043_14.stl ●六角穴テスト用ファイル:CenterHoleTest7464.stl 【解説】 ■「釣糸用空スプール」と、「六角穴テスト用」の、3Dプリント用STLデータです。 ■リールで使用している釣糸(ライン)を巻き替える時に、六角ビット電動ドライバーやインパクトドライバーで簡単に巻き取ることができます。 ■スプールの大きさ、90x22mm 【詳細】 ■「六角穴テスト用」STLデータを最初に3Dプリントして下さい。 いきなりスプール本体を3Dプリントして「六角穴が小さすぎると無駄になってしまう」ので、六角穴だけ先にテストプリントできるように「CenterHoleTest7464.stl」というファイルを添付してあります。 ■キツすぎず、ゆるすぎず、がベストです。ゆるすぎると回転させている時に抜けてしまったり、六角穴内部が簡単に削れて空転してしまう可能性が高くなります。 【設定値】 ■UltimakerCuraの場合、「穴の水平展開:0.1」で試してみて下さい。 ■FlashPrint5の場合、「内部補償:0.1mm」で試してみて下さい。 ■UltimakerCuraの場合「ウォール:ウォール順序:内側から外側へ」、FlashPrint5の場合「外枠:Shell Print Order:from inner to outer」にした方が、逆傾斜部でフィラメントの脱落が起こりにくくなります。 【マスキングテープが便利】 ■ラインの巻き始めを、マスキングテープで固定すると便利です。(マスキングテープは何回も貼り剥がしできます) ■ラインの終端も、マスキングテープで固定すると便利です。 ■スプールの底面側にマスキングテープを貼って、ラインの種類を書き込んでおくと便利です。 【その他、使い方など】 ■スプールに巻いた糸をリールに巻き取る場合、私はスプールの中心穴に長さ200mm、直径5mmのアルミワイヤー(棒)を突っ込んで、足で押さえて使用しています。(時間がある時に専用の回転抵抗固定台を作ろうかなと思ってます) ■Twitterに投稿した、初期品から改良した理由や画像など。 https://twitter.com/denkikaiden/status/1602629555037958145 その他、御質問、リクエスト、不具合などがありましたら、 ・Twitter:https://twitter.com/denkikaiden ・質問箱:https://peing.net/ja/denkikaiden ・掲示板:http://denkikaiden.bbs.fc2.com/ などへご連絡頂ければありがたいと思います。

【内容】 3Dプリント用のSTLファイルです。 STLファイル2個と、解説に使用した画像をZIPにしてあります。 ●スプール本体ファイル:LineSpool043_14.stl ●六角穴テスト用ファイル:CenterHoleTest7464.stl 【解説】 ■「釣糸用空スプール」と、「六角穴テスト用」の、3Dプリント用STLデータです。 ■リールで使用している釣糸(ライン)を巻き替える時に、六角ビット電動ドライバーやインパクトドライバーで簡単に巻き取ることができます。 ■スプールの大きさ、90x22mm 【詳細】 ■「六角穴テスト用」STLデータを最初に3Dプリントして下さい。 いきなりスプール本体を3Dプリントして「六角穴が小さすぎると無駄になってしまう」ので、六角穴だけ先にテストプリントできるように「CenterHoleTest7464.stl」というファイルを添付してあります。 ■キツすぎず、ゆるすぎず、がベストです。ゆるすぎると回転させている時に抜けてしまったり、六角穴内部が簡単に削れて空転してしまう可能性が高くなります。 【設定値】 ■UltimakerCuraの場合、「穴の水平展開:0.1」で試してみて下さい。 ■FlashPrint5の場合、「内部補償:0.1mm」で試してみて下さい。 ■UltimakerCuraの場合「ウォール:ウォール順序:内側から外側へ」、FlashPrint5の場合「外枠:Shell Print Order:from inner to outer」にした方が、逆傾斜部でフィラメントの脱落が起こりにくくなります。 【マスキングテープが便利】 ■ラインの巻き始めを、マスキングテープで固定すると便利です。(マスキングテープは何回も貼り剥がしできます) ■ラインの終端も、マスキングテープで固定すると便利です。 ■スプールの底面側にマスキングテープを貼って、ラインの種類を書き込んでおくと便利です。 【その他、使い方など】 ■スプールに巻いた糸をリールに巻き取る場合、私はスプールの中心穴に長さ200mm、直径5mmのアルミワイヤー(棒)を突っ込んで、足で押さえて使用しています。(時間がある時に専用の回転抵抗固定台を作ろうかなと思ってます) ■Twitterに投稿した、初期品から改良した理由や画像など。 https://twitter.com/denkikaiden/status/1602629555037958145 その他、御質問、リクエスト、不具合などがありましたら、 ・Twitter:https://twitter.com/denkikaiden ・質問箱:https://peing.net/ja/denkikaiden ・掲示板:http://denkikaiden.bbs.fc2.com/ などへご連絡頂ければありがたいと思います。